職種紹介:企画営業Planning & Sales

ものづくりのプロデューサーとして
協和工業の価値を発信・創造する

企画営業部/佐野2006年入社 経済学専攻

私の担当

社内の各部門をまとめ、製品づくりをプロデュース

営業といっても、出来合いの商品の販売や御用聞きタイプなどいろいろスタイルがあります。自動車メーカーの系列企業では営業部門がないところもありますが、独立系である当社の場合は特定のお客様に向けて企画提案を行い、一緒になって製品開発をしていくというケースがほとんどです。そこで当社の営業は、社内の各部門をひとつにまとめ、企画提案から製品の完成までずっとチームをリードする、プロデューサーの役目を担っています。

仕事のやりがい、魅力

チーム一丸となって確実な勝利を目指す

自動車の開発は、新車が発売される何年も前から始まります。その段階から関わっていくため、一案件の受注までには1年以上かかることも珍しくありません。ですから、その間に社内のチームでじっくりと提案内容を揉んだり、お客様からのフィードバックをとことん検討したりと、自分が納得するまでじっくり取り組むことができます。また当社は業界内の情報を得やすい立場にあるので、自動車メーカーや競合他社の動きを慎重に分析することで、提案内容により戦略性を持たせることも可能です。そうやって、ありとあらゆる「勝てる要素」を盛り込んだ見積りで無事受注を勝ち取り、チームのみんなと固い握手を交わす瞬間が、第一の喜び。そしてチーム一丸となって製品を完成させ、お客様からいただいたOK評価の知らせをみんなに伝える時が第二の喜びです。

でも、何よりもやりがいにつながっているのは、当社の成長のために受注したいかにも難しそうな図面を前にして、なんだかんだと文句を言いながら目を輝かせている、そんな仲間たちと一緒に成長していけることですね。

協和工業の強み:私が体験したスクラムトライ

全社の技術や知見を背中に感じて

協和工業のように技術力で勝負している会社にとって重要なことは「この会社の技術が欲しい」とお客様に思っていただき続けることです。そのためには、お客様が欲しいと思っているタイミングで、欲しいと思っている技術を提示する必要があります。そのタイミングを見極めるのは営業の情報力ですが、見せられる技術は社内の協力が不可欠。そんな時、「こんな開発をしようとしているお客様がいる」と社内に声を掛けるだけで、みんなが意見を持って集まってきてくれるのは協和工業の大きな強みです。もちろん社内の協力に全面的に頼っていては、お客様の信頼を得ることはできません。しかし、そんな仲間の存在を常に背中に感じながら営業できることは、大きな安心である同時に、協和工業社員としての誇りです。

これから取り組みたいこと

未来の自分たちは、自分たちで決めたい

会社を引っ張っているという手応えを感じられることも、協和工業の営業の大きな特徴です。それは、当社が伸ばしたいと思う分野に積極的に売り込みをかけていけば、それが協和工業の新たな強みになり、ひいては新しい会社の在り方につながっていくからです。

幸いなことに、現在の協和工業は、ある程度自分たちで望む方向にアプローチをかけることができています。そこで社内の各部署と協力して、当社が最も力を発揮できる技術分野を洗い出し、これからの業界トレンドを占う上で説得力のあるデータを集め、10年後、20年後の当社のあるべき姿を模索しています。経営陣を説得できるだけの確証が得られ次第、経営会議に提案する予定です。 今の時点では詳しくは言えませんが、これまで以上に特徴的な、ユニークなプレスメーカーが誕生するかもしれませんね。

協和工業に興味を持ってくださった皆さんへ

当社の営業は見積りを出して受注すればそれで終わりということはなく、製品が無事に納入されるまでずっと、お客様と社内チームの間でプロジェクトを後押しし続けます。直接ものをつくらずとも、ものづくりの喜びや達成感をチームと共有できる、そんなポジションです。自分たちの製品や技術に誇りを持ち、熱い想いと共に仕事に打ち込みたい方に、ぜひ注目していただきたいですね。