金型設計・製作・外販、高精度プレス加工から
溶接まで一貫体制。ハイテン材対応。
053-579-0931
ホーム > 金型設計製作・プレス加工

金型設計製作・プレス加工

量産現場に根差した技術。第一線の豊富な量産経験と現場で磨き抜かれた金型設計・製作技術が、高い相乗効果を生んでいます。

お客様のご要望や市場ニーズに応える上で大切なこと。それは、求められているものを的確に把握し、それに対する最適な解答を提示することです。私たちはプレス製品の量産経験で培った知見を惜しみなく投入し、お客様のニーズに対する最適解を導き出しています。

豊富な量産経験と、独自の金型技術。その相乗効果がプレス加工の未来を拓きます。

プレス加工技術の未踏領域を見据えて

私たちの技術の中核にある高精度プレス加工技術。その優位性は、それぞれの用途に応じ、原則の限界レベルで発揮されています。特に精密せん断、板鍛造、深絞りでは、通常のプレス加工では困難な高精度を実現。その背後には、金型、設備、段取り、材料などのあらゆる面で、微小なバラつきをもコントロールする仕組みが構築されています。私たちの技術は、自動車用部品の中でも難易度の高いステアリングコラムやシートデバイスの機能部品をはじめ、幅広い部品に結実しています。

金型設計技術の高みを目指して

私たちの高精度プレス加工の根幹を支えるのは、独自の金型設計システム[LBデザインシステム = Limit of Basics Design]から生み出される高精度プレス金型です。LBデザインシステムは、従来の設計寸法の単純な数値化ではなく、仕上げ工程における熟練技術者の暗黙値のデータベースを基に金型設計工程の標準化と自動化を実現。さらにプレス工程から製品品質や金型品質情報を吸い上げデータベースに蓄積することで、次なる設計へのフィードバックを可能とし、金型技術の一層の向上を目指しています。

金型設計システム [LBデザインシステム = Limit of Basics Design]

安定量産に貢献する「金型」の提供


原則の限界レベルの単品管理でアッセンブリー精度を実現

単品の複合体であるアッセンブリー品は、構成要素となる個々のバラつきを管理する必要があると考えます。私たちは高精度な金型と高度なプレス技術を備えた上で、工程の全体を俯瞰しコントロールする体制を構築。それぞれの単品のバラつきを抑え込み、原則の限界レベルで管理することで、高度なアッセンブリーを実現し、お客様の期待に応える成果を提供しています。

単品精度バラつき管理による「高精度アッセンブリー」で高い信頼性を実現

工法転換による価値創造の提案

高精度プレス加工技術を活かせば、切削などプレス以外の工程をプレスに置き換えたり、アッセンブリー品を一体化するなどの工法転換が可能であり、これによりコストメリットの創出を図ることができます。私たちは工法転換のノウハウを背景に、お客様の潜在的な課題に踏み込み、ご提案を進めています。現状の工法に限界を感じているお客様、日本のものづくりを守り、一層の付加価値化を願うお客様のよきパートナーとして貢献したいと考えています。

ソリューション:協和工業の技術力がお客様のQCD改善に貢献します